Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

平塚

市民総体からアイサツタイム始動まで

ご無沙汰しております、FBではまったく久しぶり感はないと思いますが、ブログの方は本当に久しぶりですね。

 

近々の話題として、20日に第66回平塚市民総体バスケットボール競技が開催、我が中原地区は男女ともに初戦で惜敗に終わりました。

 

ただ毎年ですが、広く世代を跨いで地域友好を深めるという、根本目的においては連覇しており

 

今年も大勝利で(我が地区は)閉幕しました。

 

ここで、ビールでも飲んでぐっすり寝れればいいのですが、日曜という事で夜は中原中体育館を開放するために

 

 

大人は誰も来ないよな〜と思いつつ、体育館に向かいました。

 

 

思った通りの子どもだらけ体育館でしたが、この日から、かねてより宣言していた「タイムテーブル制」と「アイサツタイム」導入の最初の日としました。

 

 

バスケ関係でない方にご説明をしますが、通常、何らかのスポーツで体育館を借りるという場合に、単位は「チーム」「サークル」等、あらかじめ限定されたメンバーでの利用というのが常です。

 

バスケットボールも当然、チームとして体育館を借り、ユルさキツさの差はあれど、「練習」をします。

 

 

我が中原地区では、地域体育振興会の元、チームではなく、「地域」に向けて開放しております。

 

もちろん、私が管理者を拝命し、ある程度の方向は示しておりますが、基本的に自由な参加、自由な内容として運営してきました。

 

 

そのなかで、以前にも投稿しました「あいさつ」についての問題が浮上しました。

 

 

考えたのは、自由というのは、いささか不自由なものだな〜という事です。

 

 

自由と言ってもコートの真ん中でお菓子拡げてお茶会していいわけないですし、結局は「こんな感じ?」みたいな雰囲気を読むしかなくなってしまいます。

 

これは、酷だな〜と。

 

そこで、管理者として責任をもって「ここはこういう場所です」ということを、もっと明確にしていこうと思いました。

 

 

何時から何時まではこういうことをやります、という「タイムテーブル制」を導入し

 

 

「アイサツをしっかりしましょう」ということを毎回様々工夫を凝らして、自発的なあいさつが定着していくようにしていきたいと思っております。

 

 

 

よりよい人間関係の創造的空間

 

というとおおげさですが

 

 

中原地区のバスケから発信していけたらいいな〜と思います。

  • 2017.08.21 Monday
  • 11:57

バスケ

終わりなき旅



23日はhoopinthehood平塚でした。
今回は主に天候が難敵でした?

でも、もう13年くらい?毎回予備日なしの一発開催で中止なしの大記録更新中です?

さて、全く個人的な話で、僕はシュートが汚いんです(笑)



入ればいいんですが、何事においても“型”には意味があり、しなやかさとか滑らかさ、見た目の美しさにはなるほど機能美とも言える必然があります。

なんにも知らない人が見ても、あ、形がキレイだな、フォームがキレイだな、と言うのは、なんとはなしにわかるものですよね。


僕のシュートフォームの汚さは、機能性の損失を意味しています(笑)

で、昨日、少しフォームのどこがおかしいのか?見直してきたら、1つ2つ、気付きがありました。

意識せずとも修正したように出来るようになる→身につく

にはまだまだ時間がかかりますが、トライ&エラーを繰り返し

上達しよう、と思えることがあるのは、実に幸せなことだなあと、感謝しきりです。

イベントの試合中に激しく足を痛め、満足に歩けなかったんですが、それでも体育館に向かって


新たな課題を見つけて向上しようとする、そんな事って、誰にもそうそうあるもんではありません


たかがバスケットボール


ではありますが、どうやら僕のボールライフはまだまだ先の長い話になりそうです

  • 2017.07.26 Wednesday
  • 15:06

-

あいさつ、出来るまで言いますよ、あたしゃ(浅香光代風)

JUGEMテーマ:平塚市

 

ご無沙汰しております、また背景が黒い画像でございますが、内容も夜の時間帯の話なのでちょうどよいかなと妥協しております。

 

 

毎週日曜に、地域バスケのために体育館を開放しておりますが、“あいさつ”が出来ていない

 

 

という話を、ちょっと最近あの人オカシイよね?とささやかれるくらい頻繁にSNSに書いたりしております。

 

 

ザックリ言えば「勝負勘」というやつですが、今がプッシュする潮目だ、と感じておるので強く頻繁に

 

 

あらゆる場所で主張し、お願いしております。

 

 

具体的な現場の話はそれこそSNS等で既出なので、ここではあいさつについて少し書きたいと思います。

 

 

体育館には子どもたちが多く、そのしつけのために言っているのかと思われますでしょうが、さにあらず

 

 

オトナが挨拶できない現状を、世間一般にも強く感じるところがあり、結果として、オトナの振る舞いから

 

子どもたちにも挨拶が定着してないのだろう、という推量から僕は「オトナに向けて」あいさつをお願いしているところです。

 

 

 

危機管理、災害対策、というとだいぶ畑違いな話にも聞こえますが、地域における相互互助、助け合いというものが希薄であると

 

言われて久しい昨今、より地域の発展と安全を考慮したときに

 

 

まず最初に着手できることであり、そこを避けては話が進まない

 

というのが

 

「あいさつ」であると、ぼくは考えています。

 

 

 

学校教育の現場でも、凄惨な事件が起きて以降、学校を世間と隔離して(まあ現実的には門扉を閉めるくらいですけども)子どもを守る、という体裁を取ってきました。

 

同時にPTA活動や子ども会など地域活動からも「時間がない」「めんどくさい」などの理由で保護者が遠ざかり

 

コミュニケーション不和からモンスターペアレントなる言葉も発生しました(実際にはトンでも教師の問題も後を絶たず、どっちもどっちとしか見えないですけども)

 

 

すべては人間関係の構築がなされていないがゆえに起きる問題だし、人間関係を遠ざけるほどに安心するかと思いきや、不安は一向に消えることがなく、むしろ見えないところで何をして、何を考えてるかを怯えてしまってはもう人間不信の応酬でしかなくなってしまいます。

 

 

遠ざけることで安心できないならば、近くで相手を知り、自分を知ることでしか、面倒でも、その関係を築くことなしに

 

 

自分の街を安心できる街にはできないんじゃないか?

 

と思うのです。

 

 

だからこそ、その最初のアプローチと運動が

 

 

「あいさつ」

 

 

だと思って、今だろ、というタイミングでプッシュしております。

 

 

自分の家庭が大事なのはうちも一緒ですが、家、アパート、マンションという区画の中がいかに平和でも、地区、地域、町が平和じゃなければ

 

安心なんて出来るわけないじゃないですか、安心できない場所に我が子を預ける

 

これは親としても、由々しき問題です。

 

 

人は城、人は石垣という町のように、コミュニケーションがコミュニティを創る、という期待をもって

 

 

この「あいさつ」を広めていきたいと思っています

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 10:53

バスケ

たまにはバスケで。今更Bリーグ観戦の話

Bリーグ、ファーストシーズンが終わりましたね。

平塚は川崎ブレイブサンダースと、横浜ビーコルセアーズのサブホームになってます。


ウチは平塚総合体育館からすぐ近くで、徒歩100歩くらい?です。


しかし縁遠いと言いますか、まるで観るチャンスがなく(大概仕事と被るんです)

ここへきてようやく観戦の機会がありました?


率直に、「おもしろくなったなー」と感じてます。


新リーグになっただけで自動的に面白くなるわけではないですが、プレイオフに入るとゲームの中身自体が、観戦していて面白かったです(*´∀`)


以前の、2リーグ分かれてた頃とか、試合自体が、観ていて面白くないという(;´Д`)

次シーズンからはブレイブサンダースと、ビーコルセアーズはカンファレンスが違い、果たして平塚開催では2つのカンファレンスの試合が観れるというオイシイ展開になるのか?


非常に楽しみにしております


  • 2017.06.12 Monday
  • 09:13

灸屋

あってもいいと思ってやってます

 

最近、文章だけだと読む気もしないだろうと、イラストを使っておりますがいかんせん

 

フリー素材なので文句は言えませんが、こうして書いてる最中は背景が白くて、

 

ブログの内容も明るく感じるのですが、

 

いざアップするとなんか背景が黒くなるので、なんか陰鬱な印象になるのがちょっと。。※このイラストはなりませんでしたね〜

 

 

まあ、対価を支払わずに文句を言うな、ですね。

 

 

対価と言えば、これはオフィシャルなサービスではないんですが、お支払いを“モノ”で頂いてるケースが実はあります。

 

物納ですね。

 

業界的に「バーター」でしょうか?

 

 

これはもう個人だからこそ成立する最たるものだと思いますが

 

僕が価値がある、と評価判断したモノと、灸屋のサービスを交換してます。

 

 

当然逆もまた真なりで、相手側が、灸屋のサービスを評価してくださってはじめて成立する交換です。

 

 

これはさすがにあまり聞いたことがないので、独特かな〜と思って書いてみました。

 

 

だからって、家にあるいらないモノ沢山引っ張り出してきてこれでマッサージして、と言われてもしませんよアタクシは(笑)

 

 

 

なんかこう、心がホッとすることが出来てるな〜と思って、そういう余地をもっています。

 

 

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 12:45