Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

-

秋です。。いきなり寒くないですか?

手足の冷えを感じます(*_*)


手の冷えは仕事上、致命的なので自分の代謝をあげるためには運動も余暇ではなく仕事の一部


というわけで公園歩いたりします。


木々の葉もずいぶん色づいてきましたね、秋深し🍁



あっという間に11月、11月と言えば中原に移転した再スタートの月、今回で6年目の節目…え、そんな経ちましたか(@_@)



書きながら自分がビックリしました



灸屋自体は17年目突入



驚いて開いた口に、3時のおやつを投入して、心を落ち着かせます



感謝しかないです



自分も全く信じられないことです💦


ちょっとソワソワしてきたので今日はこの辺で。








  • 2018.11.01 Thursday
  • 14:58

-

病によりて

素晴らしい秋の風景、どこかへお出かけ?いえ、スマホのプリセット画像です(笑)


あたくしは久しぶりに発熱し、予定も仕事の方もキャンセルさせていただき、紅葉ではなく高熱に親しんでおりました(*_*)


今までは一人稼業で休むと完全停止でしたが、妻が稼働していると(女性専門ですから限定はされますが)店が動いていられるのは実にありがたい事だと感謝しきり。


当然、家事も喜び勇んでやらさせて頂いておりますm(_ _)m


とかく、病は忌むべきものではありますが、日常、忘れがちな事を教えてくれます。


言わずもがな“健康”の素晴らしさです。当たり前ではない健康に感謝をまた気持ち新たに感じます。


同時に、病に悩み苦しむ人への同苦の心です。


忘れがちな点がここです。


病気や怪我が割りと多いわたくしですが(笑)



病気知らず怪我知らず失敗知らずみたいな灸屋にはなりたくないですね。



病を知り、心を知る。


必要なのは優しい声かけばかりではなく、厳しき激励の時もあるかもしれませんが


心を知らない他人事の言葉でなく


才覚ないわたくしでも、体験していれば少なくとも病に伏している人の心に近づけます



そういう灸屋でありたい



ので、病もありがたい



でも、たまにでいいです汗



  • 2018.10.22 Monday
  • 09:26

-

新しいスマホ

防水を諦めてカメラの性能をとりました。


さてその成果やいかに?


使い方がわからない時用にむすめと同じ機種にしました


そして新機種を手にしたその日にバイク走行中、スマホ落下しました



用意周到なつもりがウッカリなミスで天国と地獄の両方を味わいました(笑)



せっかくカメラの性能を選んだことですし、平塚の風景など載せていきたいなーと思います♪




  • 2018.10.12 Friday
  • 12:48

灸屋

上機嫌♪につき教育についてほんの少し語ります

「大変に水準の高いレポート」

 

この一言に完全に浮かれました(笑)

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、わたくし通信教育で教育学部教育学科に籍を置き

 

教育学を学んでおります。

 

 

何のためかと言うといろいろありすぎて記事にしづらいのですが、灸屋的には一つ

 

健康とはなにか?健康であるために何が必要か?

 

を伝えることも、教育だと思っております。

 

 

僕自身も学びながら、教え伝えるために、教育そのものを学ぶ

 

 

と言ったところでございます。

 

 

働きながら学ぶというのはそれはそれで大変でございまして

 

著しく低下した記憶力を叱咤しながらのテストもそれは大変でございます苦笑

ただ、論理的思考力と言いますか、経験が洞察を深めてくれるという事もあり
じっくりと取り組めば、本当に価値ある学びが出来ることも実感
大学での学びは非常に楽しいものであります。

 

 

 

といった状況下で、この高評価は、本当に励みになりました。

 

 

前談だけで随分書いてしまったので、改めて次は教育について

 

身の回りの子育て中の方、コーチ、育成に携わる方のために

 

 

学んでいることについて書いていきたいと思います

 

 

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 13:29

灸屋

セラピスト・施術者として最も重要なこと

 

全開の妻のデビュー告知、割と多くの方に見ていただいたので、調子に乗ってます。

 

 

本格的な告知を前に、新ロゴの件も話が進みだしております♪

 

 

女性的な要素も取り入れ、全人間的なデザインになりそうで楽しみです。

 

 

 

 

さて、ご覧の皆様も、灸屋に限らず、疼痛や不調などなど、病院と共に

各種療法の戸を叩くときがあると思います。

 

 

資格無資格の話はここでは置いておきまして、施術者を選ぶ際に重要な資質というか要件をお話します。

 

 

「健康自慢の人間は選んじゃダメ」

 

 

これはもう、間違いないな、と自分では陶酔しきってる黄金の法則です。

 

 

病気知らず、医者いらず、不調知らず、溢れる元気、という人間を選んで「善い選択をした」

 

とはならないでしょう。

 

 

 

苦しみ、悩んだ人間を選ぶのが、最善の選択になりますと申し上げたいのでございます。

 

 

 

技術とか、キャラクターの相性はもちろんございます。

 

 

症状の重い軽いもあるでしょう、ただご自身の健康のために

 

 

手を借りる相手として、最低限、これだけは、というのが「苦しみを知る」人であるべきだと。

 

 

元気な人に、元気をもらいに行こうとすると、浸透圧みたいなもので、元気吸われて終わります(笑)

難しい話を大幅に省きますが、「共感力」というものが、非常に大切であり
病気知らずのような人に相談しても、ただ不毛に疲れること必至です。
だからってドリフ大爆笑コントに出てくるような疲れ切った施術者でも困りますけどもww

 

 

 

 

  • 2018.09.20 Thursday
  • 12:53