Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

マッサージを教えるという新境地

 

安定の黒バックイラストでこんにちは。

 

ビジネスとして具体的に固まってるんじゃないですが

 

 

「マッサージを教えること」

 

 

を始めようと思い立ちました。

 

 

 

会社では指導側にいましたし、訪看さんやヘルパーさんの事業所でマッサージをレクチャーすることも担当していました。

 

 

公民館では震災後に地域の方へ向けたマッサージの講習を持ちました。

 

 

 

正直言えば、特に公民館での講習ではまったく教えることに手ごたえがなかったのでこれまで教える発想はなくなってました。

 

 

つまり、マッサージって教わるよりもやってもらいたいもんだ、というのが切々と伝わってきたので(笑)

 

 

講習会をしても、結局やってあげちゃう感じで終わるのが定番でした。

 

 

その方が喜ばれるからマッサージをしてあげること自体は全然問題ないのですが、教えるという事については意義なしと考えて自分の中では「はい終了〜」と思っておりました。

 

 

 

それに、マッサージって、ある程度数をこなすとうまくなるんですよ、自分がやってもらって気持ちいいな〜と思える人って、人に対しても気持ちいいな〜っていうマッサージが出来るもんなのです。

 

 

だから、自然とできる人はできるよ♪と思っていましたが、バスケを通じてふと思ったのです。。。

 

 

出来る人の発想で教えてもちっともできる様にならない子がいる。これ、マッサージも同じじゃないのか?と。

 

 

やはり、教えるという行為は必要であり、マッサージされたい一般の方じゃなくて、施術者として、マッサージをする側の人に教え伝えることをしていく意義はあるんじゃないか?

 

 

そう、思いついたのです。

 

 

具体的に、な〜んも決めてません、といいつつ、どうアプローチしようかな〜とか考え始めてはおります。

 

技術論や儲かりまっせ的なノウハウではなく、純粋に、マッサージを教えることをしていきたいと思ってます☆

 

 

 

 

 

  • 2018.03.08 Thursday
  • 10:54

-

なんのため?を共有するチカラ

朝、ジャジャーンというボイパのジングルと共に届いた1枚の画像




相手はPTAのA山会長(モロバレ(笑))



我が子らの小学校前の道路が40km制限から30km制限へと変更されました!という連絡でした。


これは素晴らしい快挙です。


PTAが自治会や警察、市に長年根気強く働きかけ、共同で成し遂げたカタチある成果です。



住民の利益、公益はなかなか絞り込みが難しい事もありますが、“地域の子どもの安全を”は最優先事項であり、皆で協力すべきことでありますので、本当に地域力の賜物であり、PTA会長にも「グッジョブ!」と讃えたいと思います♫



この道は、画像にもありますが付近の子が遊ぶ公園があり、その向こうに小学校、さらにその隣に中等教育学校があり



小中高と学校が並ぶ、何ならスーパー通学路スクールゾーンと言えます。


その、スーパースクールゾーンの道はなだらかな傾斜があるほぼ直線で、なぜか40km制限でした。


学校あるのに?と不思議でしょーがなかったんですが、なかなか速度制限が変わりませんでした。



以前このブログでも怒りの投稿しましたが、この道をぶっ飛ばすクルマは多く、さらに歩行者の安全を確保するはずの歩道は猫の額よりも狭いような有様で



それが今回、10km下げられたと言うのは本当に大きな1歩だと思います。


思いますが、これ書いてるそばから学校前でありつまり我が灸屋前でもあるこの道を、30km制限をはるかに超えるスピードでクルマが行き交ってます(●`ε´●)



おまわりさーん



パイロット通りで木に隠れて取り締まりやるくらいならコッチでスピード超過取り締まって!




  • 2018.03.07 Wednesday
  • 09:22

バスケ

目の上のタンコブ(良性)

まだまだタイミング次第といったところですが、平塚総合公園を走り、湘南ベルマーレのホーム、BMWスタジアムの階段でトレーニングします。


誰しもときの流れにはあがなえないもので、頻度の上がらない運動は、爽快さよりも衰えを突きつけてきます(´・ω・`)



もっと頑張ればもっとカラダは動くはず、とアタマでは考えても、さあ今動き出せば走りに行けるぞ!


というタイミングでコーヒー飲んでパン食べて小腹埋めてしまい、まったりしている自分がいます。。


モチベーションであるバスケットボールも、半分以下の年齢の子を相手に走り勝つというイメージは沸かず、もはやイメージ出来たとしても妄想だろソレ、と自らブレーキをかける始末



そんな中、モチベーションを頂けるのはもはや若手ではなく、歳上。



半世紀を越えて走り回っているのもザラで、赤いちゃんちゃんこすら、随分懐かしい話だなと言いかねない年齢の方々が、未だに鋭い動きをしたりするからたまったもんじゃありません。



少子高齢化社会を憂う話は多々あります。


社会を支える若者が減り、支えてもらう側が増える、と。



ちょっと待て、大変だ大変だと言いますが、なんで年寄りがお荷物の前提で憂うんだ?


と思うんです。



競技スポーツにおいても、自分より動きも良くて、イキイキ充実してる人達ばかりです。


こちとらベテラン面してバスケットボールやりたいのにさらに上がいるとやりづらいので、全く目の上のタンコブです(笑)


うかうかサボれないんです。



どうか、ずっとへばりついてるタンコブでいてほしいものです



  • 2018.02.24 Saturday
  • 14:04

灸屋

知識×技術×経験=??

??の部分に何がくるのか?

 

灸屋もなかなか答えが見つかりません(汗)

 

なぜならば、この条件を有したプロの方が必ずしも評価を得ているわけではないからです。

 

自分のカラダの支障をどーにかしてもらいたい

 

と思ったときにまず思う期待する要件だと思うんですが(´・ω・`)

 

 

知識は今や、覚え込む時代は終焉を見ており、膨大な情報はクラウドにより多くの人に共有され、特別なものでなくなりました。

 

技術は時間をかけて習得されるものでモチロン、クラウド共有されません(笑)が、それゆえに独自性も強く、不特定多数の方とのマッチングも高いとは言えません。

 

経験は知識、技術の礎でもあり、理論を超えたものをもたらす事もありますが、普遍性があるものは経験値とするには弱いし、独自性があるものは説得力に欠けるという…

 

 

灸屋が知識や技術や経験をディスりだしたぞ、と思われませぬように^^;

 

モチロン生涯勉強、日々向上であります。

 

 

ただ、自戒を込めて言うならば、カスタマーファーストが第一義である事が全てであり

 

お客さんが灸屋を選択された事に、どれほどの価値をもたらす事ができるのか

 

この一点こそが肝要であると思うのであります。

 

 

特に、人のカラダ、もっといえば、人生、生活、生命に関わることは一様ではないですし、必ずしも期待にすべて答えることが出来ないことが大前提だからです。

 

「元気で死なないカラダにしてくれ」←誰しもが望む究極のオーダーには添えないのです。

 

 

灸屋は、よりよい生活のために、という意味で対話の中で競技スポーツに限らず、日常に運動を取り入れる事をオススメすることが多いです

 

 

運動のリスクについて学ばないのは無責任であるし、学んでいますよ、という事がカタチにならないとわかりづらいので、検定を活用してみることにしました

 

 

ね、知識等をディスってないでしょ?

 

 

知識と経験がケンカすることもありますが(笑)謙虚に学びたいと思います♫

  • 2018.02.10 Saturday
  • 06:35

-

学ぶこと、学べること

本日は小学校授業参観日のようです。


仕事的にビミョーな時間帯で一瞬みれるか、いや無理か?的な(笑)


学びは一生ですね、座学に限らず様々なことを生涯に渡って学ぶものだと思います。


仕事では教訓ともいえる手痛い学びを経験することが皆様にも思い当たるかと(笑)



受験最中の人たちには、世の中から学びは消えろ!と言いたいくらい学びきり過ぎてアレルギー状態かも(*_*)


学びはウンザリという方の、元気を取り戻す為に、一つご紹介したい映画がこちら



「こんばんは」という作品です。


ほっこり、じんわり暖まる映画です。



心から学びを求め、学ぶことの喜びを感じている人たちの姿を追ったドキュメンタリー映画です



学びが身の回りに当たり前にありすぎる、過剰過ぎると疲れた人に、学ぶことの素晴らしさを改めて取り戻して頂ける作品かなと



オススメします

  • 2018.02.06 Tuesday
  • 10:08