Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

PTA

PTA

いよいよ始動、という感じでした。

すでに経験しているのでちょっとは慣れている、知っていると自分では思っていましたが、月日はうそをつきませんね。


いろいろ忘れてました。


会式のたびに挨拶があることを(^_-)


PTAの会合に出席して、その場になって・・・会長あいさつ?・・・なにを?


とドギマギしてしまいます(笑)


予測がついてないこともありますけど大体わかることもあります、はは〜、これに慣れた頃には会長の任期終了だな・・と(^_^.)


反省としましては、いったい何の集まりなのか?くらいは毎回事前にちゃんと下調べをしておくべきだな、と


あいさつは必ずついてくるのでそうしようと、プチ反省をしました。


でも、あいさつって、どうでしょう?普段しますでしょうか?ひょっとすると、あいさつしないで終わる1日ってないですかね?
ふと思ったのですが。

大きな会合に限らず、1対1であってもですが、あいさつにこめる、その場の空気感を良好にしようという意気込み

これって無駄なことじゃないなと、そう思いました♪









 
  • 2014.04.25 Friday
  • 18:57

PTA

挨拶全文

中学校の入学式がありました。4年のブランクを経てまたPTA着任です(笑)
入学式挨拶で新1年生と共にスタートを切りました。

以下全文ですw


新1年生の
皆さん、本日はおめでとうございます。
保護者の皆様にも、お祝い申し上げます。
 
ただ今ご紹介いただきました大木ともうします。
私も、新1年生の保護者の1人であります。今日から、中原中学校PTAの一員として、よろしくお願いいたします。
 
さて、1年生のみなさん、いよいよ中学校生活の始まりです。今日から始まるこの3年間は、これまでの小学校生活とはまた違った
大きな「成長」の時です。
 
成長という前進の時には、必ず「悩み」があります。これは走れば風が起こる、進もうとするほどに抵抗が増す、それと同じで成長しているからこそ
悩みは必ず生まれてきます。必然です。
 
これからもし悩んでしまうようなことが、起こったとしても、自分がいけないのだろうか?間違っているのかな?などと不安がらなくて大丈夫です。
成長し、あらゆることに挑戦をしていくほどに、悩みは出てきます。
 
むしろ、なんにも悩みがない、という時の方が「今、自分は成長できてるかな?」と少し悩んだ方がいいかもしれません。
成長、前進、と悩み、停滞、せめぎあいの連続です、そこに勝つか負けるか、
「自分の中の」、やる気と臆病との戦い、挑戦です。
 
皆さんはこれまで、小学校生活でも勉強に、スポーツに、さまざまなチャレンジをしてきたかもしれません。
これからの中学校生活で、新たに始まるであろう「チャレンジ」とは、
単に他人と自分とを比較しての勝負ではありません。
先程お話した、「自分の中の」、自分の弱い部分との戦い、
昨日の自分をさらに超えていこうとする挑戦です。
 
それはもう大切に大切に、抱きかかえるように守って頂いていた
保護者の手を、いまようやく1歩離れ、自分自身で選択し、自分で決断をする、
新1年生の皆さんには、おそらく初めてとなる、自分の責任でのチャレンジとなるでしょう。
 
もちろん最初から連戦連勝とはいかないことが多いです。
自分で決めた目標に届かないときもあるし、自分で誓った約束事を守りきれなくなったり、自分に負けることも当然あります。しかし、恐れずに失敗し、
繰り返しチャレンジしましょう。
 
勇気をもって挑戦する、そのために何よりも、一番大事なことは、
「友」をつくること、真の友情をはぐくむことです。
 
ノーベル平和賞を受賞した、旧ソ連のゴルバチョフ元大統領さん、という方がいました。
ソ連という、生活習慣や考え方の違う、多くの民族がいる大きな国で、調和を持ち仲良くするのに大事なことはなにか?
ゴルバチョフさんは、こうおっしゃってました。
 
「心の寛容さ」「相手への思いやり」「尊敬の心」です。
尊敬の心で接すれば「信頼できる友人」となるし逆に、
相手をバカにして接したら「一生の敵」にもなってしまう。と。
 
どんな大きな悩みにぶつかった時も、キミたちの成長のために、
先生、保護者、地域の方々が必ず見守り、後押しをしてくれます。
 
そして勇気をもらえる友がいます。
 
どうかこの3年間、力いっぱいチャレンジしていってください。
 
  • 2014.04.08 Tuesday
  • 07:41

PTA

中学生

どうやら息子たち中学生たちが「やいとや」というキーワードからこのブログにたどり着いてるらしく


息子も何やら自宅のPCで検索して、眺めていたようです。


自称、公私ともに裏表なく、オモシロさ最優先で生きているので、読んでる子どもたちに何かオモシロさを期待されていると思うと、息子の期末テストの情けない点数くらいはwebを通じて世界に向け発信くらいのことはフツーにしないと

笑いの一つもとれないな〜と考えてみたりもしますが


誰も得をする気もしないので、自粛いたします。


さて、4月初旬、いよいよ入学式です。今年度は中学校のPTA会長を拝命しているので

入学式までにやっぱり不適格な人間だと解任されない限りは、入学式挨拶という大役が待っております。




人前で話すことは結構負担にならない性分ではありますが、それは特に制約がない場合に限ったことでして

ピーンとした空気の場、H21〜22年度に小学校のPTA会長に就き、卒業式の挨拶をするときはさすがに足が震えました。


なんていうか、これは披露宴の挨拶に似ていまして、笑っちゃいけないことはないですが、そう簡単に笑うのは適当ではないという会場の空気感の中で、自分なりのくすぐりトークで、ちょっとウケたらうれしいくらいの軽い気持ちで登壇すると

絶対にスベるんです。
これ間違いなくそうなるんです誰でも。恐ろしいことに。


かといって、とある研究所の論文みたいに、挨拶例文サイトコピペまるパクリで挨拶してしまうと、これがまた驚くほど無味乾燥な挨拶になってしまいます。

PTA会長の挨拶なんてものは、どうせ聞いてる人なんていないとは言いますが、アイツ、挨拶つまんないという事実と、全然オモシロくない、という評価だけは刻銘に残るモノなのですこれがまた恐ろしいことに(^_^.)


あまり冒険せずに、良くも悪くもあまり記憶に残らないように話をしようと、普段の姿からは想像もできないほど逃げ腰で考えております(笑)


しかしあれですね〜、かつて、文化祭のバンドで上がったステージに、まさかPTA会長として舞い戻るとは。。。


何の因果でしょう?何がオモシロいって、この事実こそが本当にオモシロい♪






 
  • 2014.03.27 Thursday
  • 00:04