Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

じゃ、次は痛みとどう向き合うか

 

灸屋で最も多い相談事と言えば、「痛み」です。

 

苦しいの向き合い方について、前回書かせていただきました

そもそも
という事を考えてたら、死生観まで遡り
「ちょっと何言ってるかわかんないですけど」
とサンドイッチマン状態になった方もいらっしゃるかと(笑)
もうちょっと、具体的に、じゃあ痛みについて今回は少し書きます
痛みという“信号”ですから、まあなんかあるんでしょう
ただ、“信号”ですから、まま、べつにそれはいいんじゃない?
ということもあり。
あの、例え話なので、道交法的に突っ込まないでください(あらかじめ一応)
どー考えてもどこからも車両が来ない見渡しのいい交差点で
幅跳びで跳べるくらいの距離の横断歩道を
信号が赤だからと止まっている人を
讃えるのは日本くらいじゃないでしょうか?
自分で考えて、自分の責任で判断する
世界でリサーチすれば、概ね多数派はコレだと思います。
これ、ヤバい痛み?と病院へ行くのもよし
別に、大丈夫じゃね?とマッサージやスーパー銭湯で済ませるもよし
「いや、よしじゃねえよ汗自己判断は危険だろ」
と窘められますかね?
でも、人間って常に、判断の連続ですよ
大きな病院だって本人や家族の同意なしに手術しないでしょ?
常に自分で判断するんです、最終的に。
それがあっているか間違っているかを決めるのは
その後の判断・行動も含めて、トータルで考えきゃわからんもんです
もちろん、長患い、不快な痛み
あります。どーにかしてほしい、神にもすがる想い
あると思います。
でも、「痛みと向き合って」どうします?信号ですよ?痛みって
原因本体そのものじゃないじゃないですか?注意してみるのって。
交通安全のため、信号を尊重する、守る、いや大事ですよ、でもね
そもそも、どうしてこんなとこに信号あるんだ?意味なくね?もしくは逆も然り
どうして信号がないんだ?危ないじゃないか
ということだってあって、信号が新たに設置されたり、または信号のサイクルが決められてます
身近では、夜になると点滅状態にある信号、ありますよね
時間帯、状況によって信号って変わるんです。
だから、痛みを信号に譬えましたけど、そんなカンタンに変わるものを
なにも「痛み様〜」とばかりに注目しなくていいじゃないですか
痛みとの向き合い方(灸屋バージョン)では
ズバリ「見下す」に限る
原因がはっきりしてる痛み、ハッキリしてない痛み、あります
でも、大事なのは痛み、ではないですよね?
いや!原因なんてどうだっていい、痛くて苦しいんだから大事なのは痛みだ!!
という方は、僕とちょっと意見は違いますね
もし苦しいほど痛いんだったら、僕は原因の方にドキドキします
痛みなんてどうでもいいです、早く治れ汗、と思いますよ?オカシイですかね??
原因がない痛みというのも、実際には多いんです
と言ってここで統計資料を添付するのがかっこいいんですが
興味ある方は調べてくださいww
原因がないならこの痛みは何なのよ???
というあたりから、僕のお仕事もお役に立つ機会が出てくるわけですが
外部から脳に直接電波攻撃されて痛みを感じるようにコントロールされてるぅ〜、
くっそ〜ジョッカーめ!!
という激レアな方がいない限りは、自分で生み出してる痛みなのではないでしょうか??
  • 2018.09.05 Wednesday
  • 11:30

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback