Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

-

市民総体バスケ男子優勝と

今年は富士見地区に勝って優勝♫


近年、不動の最強地区富士見なので、これはまた格別ですね、関係者の皆さんおめでとうございます&お疲れ様でした\(^o^)/



…とまあ勝てるに越したこともないんで、どうせ勝てるなら勝ったほうがいいんですが



市民総体の勝利には競技に並んでもう一つ大事な要素があります。


町内は、「スポーツを通じて交歓出来たのか?」です。


正直、ここらへんの部分では、まだまだ富士見地区に勝ってる感触はないです。



中原地区は若手がだいぶ頑張って試合を成立させてくれましたが、世代を越えて、スポーツ交流を拡げていくためにはまだまだ、市民総体そのものの意義を高める戦いに勝利しなくてはなりません。



昔から主張していますが、トーナメント戦ではなく、リーグ戦方式で、多くの地区が対戦して交流するカタチにして、勝率で順位をつければいいと考えてます。


単なる勝敗だけに終始し、人材が集まらなければ1回戦早々に敗退で解散、もしくは人数不足で不参加になり、市民がスポーツを通じて交流する意義が全くなくなります。


あらゆる地域行事が今、再編縮小の流れにあります。ズバリ人手不足です。


なくすことは簡単です、手間だから負担を減らす、行事が減れば手間も減ります。




でも、なくしたものを、やっぱやろうよ、という時の手間は、ゼロからよりさらに厳しいスタートになるのは必至


そもそも人と人との関わりは手間だし面倒です。


でもそれが無駄かどうかは別の話。



地域の可能性、スポーツの可能性をムダにしないためにも


今後の市民総体には今よりさらに参加しやすいカタチにしていきたいなーと思います



  • 2018.08.30 Thursday
  • 22:35

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback