Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

PTA

食育というほどの事もないですけども


本文と画像はあまり関係ないですw
ただ、豊原町肉の青木、お弁当、最強です。職人の味方、ボリューム、味、すべてにおいて100点満点♪
是非ご賞味あれ。

さて本題。

公約もむなしく落合市長、市内中学校給食導入断念。

もともと中学校を給食にすることは「無理だべ」(平塚弁)と言われていただけに、特にショックもないんですが、中学生の食事について考えるきっかけを頂いたように思います。

市内数校ですが、我が子の中学校も、給食に代わり、弁当購入サービスを導入しました。

いしけんhttp://www.ishiken-fs.jp/

さんのお弁当です。朝注文して、昼に届くというシステムです。僕個人からしたら、オイシイお弁当を格安で買える、しかも学校で、というこのシステムはさぞかし好評を博する事だろう、と思っていましたがさに非ず。

購入希望者数がさっぱりだそうです。

意外なのは我が子に聞いてもあまりいい印象がないらしく、妻に聞いてみると、ボリュームが少ない、補完的にコメを持たせるなら弁当作る手間と変わらないから作った方がマシ

という話でした。

妻の話はともかく、子どもの意見が要領を得ないのですが、なんか買い弁というのがあまりカッコイイ感じじゃなくて、どっちかというと恥ずかしい側に位置する捉え方のようです。


保護者の方が毎日子どもの為に弁当を持たせてくれる、いいじゃないかそれで、という方も当然いらっしゃると思いますが、ほとんどの保護者がやってきたことでもあり、やっていることとはいえ、共働き、お母さんのフルタイム勤務、お父さん相変わらず台所に立たない等々の事情で

適当に食事を外注するということは、実に健康的な事じゃないかと思うんです。


めちゃくちゃバリエーションも豊富だし、オイシイし、保存料添加物満載の弁当に比べれば、市内のお店が作ってくれる弁当なんて、安心じゃないかと。



今年度PTAとして、このお弁当購入に助成をする試みをしてみようかと。具体的にいついつと決めてないですがもう7月ですし

ちょっとやってみたいな〜というのはあります。

あとで、先生に相談してみよ〜っと♪

 
  • 2015.07.01 Wednesday
  • 13:05

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback