Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ごあいさつ
お得な情報籠球家族お問い合わせ

灸屋

灸屋で売上好調なスターライトポイント使うべき理由

1人(正確にはいちアカウント)につき最高30000円まで購入出来るひらつか☆スターライトポイント✨

 

 

あまりのお得ぶりにものすごい勢いで1億円分が売り切れたと聞きました😲

 

地域の中小企業への消費喚起、経済効果を狙った今回の地域商品券

 

 

その趣旨からしたら、平塚市においても、小さな店である灸屋に使っていただくのが理にかなっているのはもちろんのこと

 

とはいえ利便性からすれば大型店でも使いたいな〜

わかります。
そのうえで、地域の店で使って得する意義はあります。
“お金を動かす”のが地域商品券趣旨だという事です。
考えてもみてください、地域の中小の商店のため、だけであるなら、商品券などにしないで、直接おカネを商店に配ればいいのです。
小さなお店の売り上げは、そのまま生活費になります。営業を続ける上での経費となります。
おカネは動き続けるのです。
他方、企業が大きくなるほどに、内部留保の可能性は高まります。
ざっくり言えば、貯め込んでないで、おカネを使ってください、という後押しをするのがこの商品券の意味です。
市民がため込んでたおカネが、大きな企業に移動して、企業が貯め込む、では意味がないじゃないですか
プレミアムポイントと共に、支払ったおカネがその勢いのままに流動し続け、それがまた自分のもとに還元されてくる
おカネが動くことを止めないためにも、地域の中小なお店でお金を使う意味があるのです。
なので、ぜひ灸屋でも、ご活用ください♪
  • 2020.10.21 Wednesday
  • 07:29

灸屋

SDGsという振る舞い

昨今、“SDGs”という言葉は明確に意味はわからなくてもどこかしらで見聞きしているワードではないかと思います。

 

SDGs ←外務省HPより

途上国へのボランティア?的なイメージで捉えられる傾向も見受けられますので、ご一読いただくとわかりやすいかと思います。

 

灸屋の身の回りのSDGsでは、地域街づくり、教育、防災減災、といったところが、生活に密接に関係している感じです。
ここ最近(すいません💦最近というほどの頻度で投稿アップしてませんが)の投稿の通りで、ゴミ拾いや、登校時旗振りなど、小さいといえば小さいことを継続しております。
ゴミのポイ捨てや、交通安全マナーの問題などは、3歩進んで2歩下がるだけなら少なくとも1歩分は進んでますが、一気に5歩くらい下がるときがあるので、忍耐の勝負でもあります(;^ω^)
なにもみんながみんな偉人伝に残るようなたいそうなことをする必要もなければできる可能性も極めて低いのですが、ちょっとした心遣いや親切、に対して、自己満足に浸る、それだけで充分だと思うのです。
交通面では、車でもバイクでもチャリでもいいですが、「あ〜、横断歩道で子どもに満ち譲ったわ〜」とか、「おばあちゃんの横断を待ってあげたわ〜」とか、誰に褒められなくても、ちょっとだけ良いことをした自分にルンルン♪する(笑)
それは自分にもプラスが還元される、善行だと思うのです。
ところが昨今、そうしたプチ親切をするにも、そもそも困っている人に共感する力や、困っているんじゃないのかな?と想像する力が低下しているのではないか?という懸念が散見します。
それを、脳の問題だとする論点も存在しているようですが、灸屋は「経験」だと思ってます。
「まるっきり同じような経験をしなくても、あたかも経験したような想像力が働くくらいの近さにまで自分を持って行ってくれる経験値」が低下しているのではないか?と。
読書などの疑似体験でも充分だと思うのですが、なるほど読書の時間も減っているという統計も出ておりますし
わからないからこそ、想像してみるという動機が生まれるのですが、令和の現代、検索すればすぐ答えが出ちゃうので、想像のプロセスはひょっとして要らない??ということもあり。

 

絶対に今の時代に、SDGsという目標を立てて、行動、実現していることは大切だよな〜と思うのですが、SDGsって途上国に木を植えることですか?とどうにも自分の住む地域や人と繋げていないと思われる節があり
横文字略語っていうのもその一因なのかな〜💦と思いますが、僕なりに解釈すると
「人としての振る舞い」をもう一度見直してみようよ
という事ではないかと思ってます💡
  • 2020.10.09 Friday
  • 15:21

灸屋

コロナ禍と在宅医療マッサージ

 

灸屋のメインとなるサービスではないのですが、在宅医療マッサージも承っております。

コロナ禍での自粛期間をおいて、うわあ💦と思っていることが
体調を崩される方が多いということで。
不思議なことではなく、灸屋へお越しのお客さんも、総じて体調がイマイチ💦ということでいらっしゃいます。
まして在宅療養の方は、運動量、人との交流、が多くはない中でさらに自粛となれば
推して知るべしです💦
汗の絵文字も頻発してしまいます。
こうなってくると、安心の価値観、も転換してきまして
事業規模が大きくて、間断なく、代わりのスタッフが来てくれる形態よりも
決まった人だけが来てくれる、というサービスの方が安心度が高い、となります。
しかも、遠方からわざわざ通ってくるよりは、出来るだけ移動時間の少ない、近い距離の方が安心
「安心」というキーワードが、理屈抜きで、重要性を増してくるだろう、と思っています。
灸屋も、一層、地域に根差したこの事業形態を、維持継続していこうと、この価値を信じて邁進していこうと
思っております✨

 

 

  • 2020.09.25 Friday
  • 11:01

灸屋

登校児童の見守りと旗降り

 

よく見たら夏はごみ拾いテーマを連投してました(笑)

 

さて、早朝ごみ拾いのあとには

 

小学生児童、登校時の交差点旗降りボランティアを買って出てます。

町内会に加入していらっしゃる、児童父兄による、週に1回の当番箇所がありまして
危険個所、という事でもないのですが、週に1回ではなんなので、残りの平日はすべてじぶんがやりますと
校長先生にお話しして、立つことになりました。
大柄な人間が、蛍光色の「横断」と書いた旗を担ぎ
道端に立っている、これが視野に入らないドライバーもいないと思うので(笑)相応に、速度をセーブしたり
児童の横断を優先するきっかけになれば、と思ってほぼ毎日立っております。
自分でも意外な変化というか、やらせていただいて、感謝していることがありまして
「おはようございます」「いってらっしゃい」とあいさつをするようになりました。
・・・僕がw
小学生に一礼し、「おはよう“ございます”」とあいさつします。
大人、親として威厳を保つではないですが、「お!おはよう!」とか、もうちょっとフランクに声掛けしたり
そんな調子になるかと思いきや
VIPを丁重に送りだすような気持ちで出来てます。
いま、こうして子どもたちに敬意をもって接している。
これは貴重な体験をさせてもらっていると感謝してます✨
反面、30km制限の道路を猛スピードで飛ばし
横断歩道で一時停止をする気配のないような車両は、恐ろしくにらみつけてますけども(笑)
  • 2020.09.17 Thursday
  • 10:27

灸屋

ゴミ拾い習慣


毎日、毎朝ですが、灸屋はゴミ拾いしてます。


灸屋イコールバスケットボール

バスケットボールイコール灸屋


ということで、公園のバスケットボールコート周りにゴミが散乱するこの季節


毎朝ゴミ拾いしてます。


その公園までの道中


平塚中等教育学校と大原小学校があります。


この道にですね、吸い殻ゴミがまあ多いこと💦


ちなみに今朝は33本拾いました。


タバコのポイ捨てが許される場所はないのですが、それにしても、よりによっての学校周辺でつてのは…



あんまり広範囲に掃除してると奇異な目で見られるのでよしなさい


と妻に嗜められておりますが笑)


聴力バッチリなのに聞き流しがひどいと家族で評判❓の得意技


で聞き流して毎朝ゴミ拾いしてます(笑)

  • 2020.08.30 Sunday
  • 07:29